MENU

マイナビ薬剤師を使ってみた感想!

総合病院

 

【年収100万アップ】マイナビ薬剤師はここ

 

はじめまして、私は今29歳で、去年まで東京都の総合病院で薬剤師として働いていました。

 

以前の病院は他の総合病院の薬剤師に比べると、給料も低く、ちょっと自分の中では納得いかないところがありました。

 

バリバリ忙しい割には給料も低く、待遇も悪い・・・

 

しかも、産休を取りたがってる同僚の人も、限界まで働いていて、ちょっとここでは長くは働きたくないな・・・

 

そう思いながら、ちゃっかり転職サイトを使い始めました。

 

これまでマイナビ薬剤師リクナビ薬剤師薬キャリ(エムスリー)の3つを使ってきましたが、私の中で一番よかったのがマイナビ薬剤師でした。

 

当ブログでは、マイナビ薬剤師のメリットとデメリットを実体験を通して、紹介していきます。

 

総合病院

 

自分に合った条件で細かく検索できる

マイナビ薬剤師がリクナビ薬剤師や薬キャリよりいいところは、自分にあった条件を細かく指定できる点です。

 

 

総合病院

 

【私の条件】

@産休・育休がしっかりとれる

 

A年収800万以上

 

B土日休み

 

この3つがそろった病院で探しました。

 

登録した日からいい条件のものが紹介されました。

 

結局、私の場合は、マイナビ薬剤師を使い始めて3週間後には、今勤めてる病院を見つけることができました。その2か月後に今の病院に転職しました。

 

年収は今は840万ほどで、以前より120万ほど高くなりました。

 

その割には、病院自体も落ち着いていて、人間関係や忙しさも前の職場より全然いいです。

 

あなたが毎日働く職場ですので、もし今の職場に不満がある人は、調べてみるのもいいかと思います。

 

 

そこまでしつこくない!

転職サイトによっては、かなりしつこくてウザいサイトやアプリもあります。

 

マイナビ薬剤師の場合はそこまでしつこくなく、自分に合った条件のものしか案内されないので私には合っていました。

 

しつこいのが嫌い!そういう人にはけっこういいかと思います。

 

 

 

【4年連続1位】マイナビ薬剤師はこちら

 

 

 

 


マイナビ薬剤師TVCM CAのひみつ道具(本音マイク)篇 30秒ver

マイナビ薬剤師のメリットとデメリット

メリット

経験豊富なコンサルタントから、サポートを受けられるという点です。何万とある求人情報から自分に合った求人を見つけるのは大変ですが、コンサルタントに条件を伝えることで、その条件にマッチした求人を案内してくれます。

 

また、その後の転職活動においても、面接対策や内定後の年収交渉、勤務先の退職手続きなどさまざまなサポートを無料で受けることができるので、転職活動をするにあたり少しでも不安を感じている方は、転職サイトに登録するようにしましょう。

 

転職サイトならどこでもいいわけではなく、当たり外れはあります。特に、コンサルタントの相性は重要で、相性が悪ければ、なかなか希望にマッチする求人には出合えません。相性の良いコンサルタントと出会い、転職の成功率を高めるためにも、転職サイトにはいくつか登録することをおすすめします。

 

なかでも、マイナビ薬剤師はコンサルタントの質が高く、転職者の希望をしっかり汲み取ってくれ、提案力も高いと高い評価を得ている転職サイトです。登録は必須といえるでしょう。

 

サイト上では公開していない非公開求人も数多く存在します。特に優良求人では、応募が殺到してしまうのを避け、厳選して選考を行うために非公開にしているケースが増えています。また、募集の枠が少ないと、サイトに掲載される前にコンサルタントからの紹介で採用が決まってしまうケースもあります。転職サイトに登録しなければ、これらのチャンスを逃すことになってしまうのです。

 

マイナビ薬剤師では、実に40%前後が非公開求人となっています。サイトに登録することで、コンサルタントからは非公開求人を含むすべての求人から紹介を受けることができるようになります。

 

デメリット

病院関連の求人はやや少ない

 

アルバイトやパートの求人数がやや少ない

 

マイナビ薬剤師は全国区に多数の求人をそろえているトップクラスの転職サイトであることは間違いありませんが、薬キャリやリクナビ薬剤師に続く感じです。2社と比べて特にアルバイトやパートの求人数は少し見劣りしますが、正社員の案件は多く全く引けを取りませんので、正社員希望の方は大きな力となってくれるでしょう。

 

・求人件数は豊富だが、紹介されるのはあくまでマイナビ薬剤師と取引している求人企業に限られる。

 

・例えば公開求人案件のケースでは沖縄県の求人が300件弱程度に対し、東京は約5,200件と約17倍以上の差がある。
東京は沖縄の9.5倍の人口であることを考えると、求人案件は東京や大阪といった大都市圏中心で、地方はやや弱い傾向がみられる。

マイナビ薬剤師の口コミ集紹介

20代 女性 福岡県
新卒で入った薬局は小さな病院の前にある薬局です。小さな薬局なので、店舗の移動もなく、新卒から5年間ほとんど同じ業務をしていました。

 

診療科も限られているので、スキルアップの機会というか、スキルアップの必要があまりなく、周りに置いていかれているような感じが嫌になってきました。将来のことを考えたら、若いときにもっと幅広いことを経験しておきたいと思ったんです。

 

転職するときは、リクナビとマイナビで迷いましたが、ネット上での評判が良さそうだったマイナビを選びました。

 

実際、マイナビで担当してもらったアドバイザーの女性はすごく親身で、今の私の気持ちを深く理解してくれました。

 

求人もスキルアップが望める大手の薬局や大きな病院の近くにある薬局などを中心に紹介してもらえ、応募したいと思える求人が複数ありました。

 

面接の時も初めてで不安でしたが、事前に対策をしてもらったり、アドバイスをもらったり、職場の雰囲気とかを教えてもらっていたので、安心して臨むことができました。

 

希望していた大手の薬局から内定をもらうことができ、来週から勤務が開始する予定です。

 

30代 男性 大阪府
マイナビ薬剤師は、大手ということもあり求人先についての情報に詳しかったのですが、その中でも、人間関係や職場の雰囲気についての情報はほんとにありがたかったです。

 

20代にして、3回目の転職(過去2回はいずれも人間関係が原因)だったので、次こそは長く働ける職場がいいと思っていたので、そうした情報は求人を選ぶ上でほんとうに役立ちました。

 

そうはいっても、実際は違うんじゃないかという不安はありましたが、初出勤の日もみんなが歓迎してくれ、私のことを気遣ってくれるので、スムーズに馴染むことができ、いまでは気持ちよく働けています。

 

転職エージェントに登録しなくても転職はできますが、失敗しないためには、転職エージェントに登録するほうがいいと、今回の転職で学びました。

 

20代 男性 東京都
転職経験のある先輩から、転職エージェントは3社くらい登録したほうがいいというアドバイスをもらったので、大手3社くらいに登録して活動してました。

 

マイナビ薬剤師はその中でも、担当者の連絡スピードや、紹介してもらえる求人の数、アドバイスの的確さなど、すべての面で他社を上回ってました。
病院薬剤師です。病院薬剤師はやりがいのある仕事ではありますが、激務な割に給与が少なく、これ以上続けるのは難しいと思い、転職を決意しました。マイナビは新卒のときに利用していたこともあり、自然な流れで登録しました。

 

新卒のときとは違い、キャリアコンサルタントが担当につくことに驚きましたが、転職の相談や、求人の選び方、面接でどうアピールするかなど、いろいろとアドバイスをもらうことができたので、それだけでも登録してよかったと思いました。
調剤薬局かドラッグストアかで迷っていましたが、どちらも職場見学をさせてもらい、調剤薬局のほうが向いていると思い、調剤薬局への転職を決めました。
担当のキャリアコンサルタントも強引に転職先を押し付けるのではなく、あくまで私の考えを尊重し、その手助けをしてくれるというスタンスだったので、それがすごくありがたかったです。

 

30代 男性 京都府
私はドラッグストアで働く薬剤師でした。
ドラッグストアでの仕事は、それなりに面白いものではありますが、やっぱり薬剤師ならではの調剤とかに憧れるんですよね。
それで、調剤薬局か病院での勤務を目指してみようってぼんやり考えていたんです。
すると、大学を一緒に卒業した薬剤師仲間が、マイナビ薬剤師というエージェントを利用して転職を成功させたって教えてくれたんですよね。
けっこう好条件な仕事を紹介してくれるし、大手だから登録するのも安心だって言うんです。
それで、試しにと思って登録してみました。
実はあまり知らなかったんですが、マイナビって転職業界ではちょっと知られた存在なんですね。
だから、よくよく調べるうちに、ここなら安心だなって実感できました。

 

40代 女性 千葉県
マイナビって看護師の転職とかで有名なサイトだと思っていたんですが、薬剤師に特化したサービスもあるんですね。
それで、ちょっと利用してみたいな〜と思って登録。
大手だから安心だし、無料だから利用しやすいですよね。
登録してからすぐにコンサルタントの方が連絡をくれて、相談してみました。
マイナビ薬剤師のコンサルタントの方は、すごく丁寧で感じが良いですね。
それで、私は休みなく働いているから転職活動する時間があるかどうか不安だったんですが、面倒なことを全部代行してくれました。
おかげで面接日もこちらの都合に合わせて設定してくれて、楽々転職成功!
以前の職場には迷惑をかけてしまうことになりますが、これも仕方ないですよね。
転職に成功したおかげで精神的にも落ち着き、家族も一緒に過ごす時間が増えたことで喜んでくれています。

 

30代 女性 埼玉県
最初の就職活動において大学などに来る求人がありましたが、どのような方法で行えば良いのか分かりませんでした。
友人などに相談したところ、転職サイトなどを利用すると良いとアドバイスされたため、実践してみました。
転職サイトの利用は効果的だったと言え、転職サイトの求人に就職することが出来ました。
求人を知れただけでなく、求人情報に記載されている内容以上の詳しい話なども聞く事ができ、失敗の確率が大幅に下がったと思います。
相談にもしっかりとのってもらえましたので、不安なく就職活動を行えて良かったです。

 

20代 女性 和歌山県
新卒から昨年までずっと大手製薬会社で働いていました。それなりの給与はありましたが、転勤と休みが取れないことが段々と家族のストレスになってきてしまい、子供が産まれたタイミングで転職を考えてマイナビさんに登録をしました。
自分の気に入ったところで今働けてるので満足です。

 

 

前職では管理薬剤師として、薬局内で働いている薬剤師をマネジメントする立場にありました。資格取得や勉強会やセミナーへの参加するなど、スキルアップも積極的にしてました。

 

自分の身につけたスキルや知識を職場で活用するようにしてましたし、他の薬剤師を指導するときにも役立ててました。

 

しかし、そうした成果に対して、待遇はほとんど変わらず、本当に自分が評価されているのか分からない日々が続き、転職した方がいいのではないかと思い立ちました。

 

転職ありきではなかったですが、自分を評価してもらえるところがあれば、転職しようと思ってました。

 

転職・就活のマイナビ薬剤師では登録するとすぐにキャリアアドバイザーから連絡があり、色々と相談をさせていただきました。

 

そして、実際に紹介してもらえた求人はほとんどが給料アップが望めるところで、これならと思い面接を受けてみることにしました。

 

これまで感じたやりがいや喜びを軸に理想のサービスを行なえる企業を選択
志が高く視野が広い方だったので、接点を持つ企業を検討し始めた当初は、経営者視点、患者さま視点のどちらを優先すべきか悩んでいらっしゃるようでした。

 

ですが、転職動機や、この仕事でやりがいや喜びを感じた時の経験を振り返っていただくことで、ご自身にふさわしい企業選びの観点もより明確なものに。

 

前職では在宅施設の新規開拓もされていたため、営業力やコミュニケーション能力も強みになり、面接では即内定。在宅医療の豊富な知識と経験を備え、経営者視点で薬局事業を考えられる貴重な人材として、面接担当の方からも高い評価をいただくことができました。

 

 

私の職場には年長のお局みたいな先輩がいるのですが、その人は、ちょっとしたことで機嫌が悪くなり、機嫌が悪くなると何しても怒るようなやっかりな人でした。ずっと我慢してきたのですが、あるとき、ちょっとした言葉の使い方で怒り出し、皆の前で、20分近く怒られたことで、私の我慢は限界に達し、転職することを決めました。

 

次の職場ではもっと、人間関係のいいところがいいと思ってましたので、そういう情報を教えてもらえる転職・就活のマイナビ薬剤師に登録しました。転職・就活のマイナビ薬剤師は大手ということもあり、そのへんの情報はかなり把握しており、過去にトラブルがあったようなところは、正直に教えてくれました。

 

よさそうな求人に応募したときも、職場の雰囲気についての話をしてくれたり、実際に職場見学をさせてもらったりと、できる限りの情報を教えてもらえました。
結局、前職と同じ調剤薬局に転職が決まり、今月で3ヶ月目になります。今の職場は、同年代の薬剤師が多く、変な先輩もいないので、特にストレスなく働けています。

 

MRの求人は数が少なく、ネット上で探しているだけではなかなか、いい求人が少なかったです。ちょっと面倒な気もしましたが、いい求人が見つかるのならという思いで転職・就活のマイナビ薬剤師に登録。すると、非公開の求人から、年収800万以上の、かなりの好条件の求人を紹介してもらい、応募してから、あっという間に面接が組まれ、内定をもらい、わずか2週間で転職先が決まってしまいました。好条件のMR求人の数にも驚きましたが、そのスピード感にも驚きましたね。

 

リクルートの営業力は日本でも有名で、優秀な営業マンが日々高いモチベーションと高い目標を設定されて頑張っています。

 

「転職・就活のマイナビ薬剤師」という知名度もあるので、採用担当者も信頼して依頼しやすく、営業マンもしっかり担当者とリレーションを築くのが上手です。

 

その結果、多くの大手・有名企業の新卒採用にリクルートが関わっているため、薬剤師の転職においても無関係ではありません。

 

ドラッグストア、大手調剤薬局、製薬企業など、様々な業態に太いパイプを持っており、他社にはない求人をたくさん持っているのが特徴です。

 

数年前に転職・就活のマイナビ薬剤師で転職活動をしていたこともあり、今回も最初に登録しました。すると、以前担当だったひとから、連絡があり、私のことを覚えていてくれ、ここ数年間の話や、今回の転職の話など、いろいろお話しできました。

 

キャリアコンサルタントは何百人という転職者と会っているのに、その一人に過ぎない私を覚えてくれていたのはすごくうれしかったですね。

 

そういう小さなところから、転職・就活のマイナビ薬剤師はしっかりしたエージェントなんだということが分かりますよね。

 

スピード重視である2番目の理由は、
長期間にわたって労力をかけたくないから。
転職支援はあくまで売上のためのビジネスで行っています。

 

理想とするなら「登録から求人応募、面接、内定、入社」が短く、より簡単に転職が決まればいいと思っているんです。

 

忘れてはいけないのは、薬剤師が転職決定をして、はじめて売上があがる事。

 

つまりいくら手間をかけて半年間親身に転職支援して転職決定したとしても、その半年間は売り上げゼロ。

 

転職先には、患者さまに近い立場でスキルアップしていけること、企業理念と現場にズレがないこと、という志向のほかに、十分な休日と年収アップ、というご要望をお持ちでした。

 

一方で、ご希望を叶えるためならほかの諸条件にはこだわらないというお考えだったので、選択肢を増やし、最良の道を一緒に考えさせていただくことになりました。

 

管理薬剤師のキャリア、ホスピタリティで面接したすべての企業から内定獲得福利厚生と年収以外の諸条件については、選択の幅を広げ、それぞれの特徴を明確にしたプランをいくつかご提案させていただきました。

 

【40代女性】
マイナビ薬剤師は子供が居るため、今までよりも勤務日数を減らさなければなりませんでした。しかし、収入面は変えたくないというわがままな希望がありました。現在は週5日より3日に減り、家事や育児に支障が無くなって働きやすくなりました。学校の行事などにも参加しやすくなったと思います。時給が高い所でも問題なく転職できるとアドバイスを貰ったのが成功した理由だと思います。

 

 

 

結婚生活を始めるタイミングだったので、家庭との両立も大切な条件。定時に退社でき、土曜午後と日曜に休みがとれることも望んでいらっしゃいました。そこで、2つのご希望条件を叶えるため、病院ではなく調剤薬局を中心に検討することをご提案しました。

 

調剤経験と理解力の高さをアピールし、薬局へ転職で320万⇒450万と年収アップ
前職では病院に勤めていらっしゃったため、勤務経験のない薬局への転職に不安もお持ちのようでしたが、病院での調剤経験は薬局で働く際にも十分な強みになります。

 

また、まだお若く、明るくて理解力も高い方だったので、成長したいという向上心と、短期間で業務を覚えて即戦力になれるだろうというポテンシャルも、アピールポイントに。

 

さらに、薬局未経験の不安を払しょくしていただけるよう、ご紹介する案件は研修制度の調った職場を優先。その結果、ご希望に合う職場がすぐに見つかり、2週間というハイスピードで年収アップの転職に成功していただくことができました

 

今回は一般サイトや掲示板からの口コミ情報を得る事が出来ませんでしたので、本当の口コミや評判を知る方法を考えてみました。やはり信頼出来る口コミと言うのは、公式サイトが独自にホームページに掲載しているものではないかと思います。こういった口コミは捏造すると企業側の運営に関わるので、自社でアンケートなどを取った結果を掲載しているはずです。と言う訳で、ここからは実際にリクナビ薬剤師で紹介されている転職成功事例をまとめた内容をお送りします。

 

女性 40代 転職活動1ヶ月
子供と接する時間がとれない毎日から、正社員、土日休み、18時退社の職場に転職成功。仕事も家庭も充実するように。

 

女性 20代 転職活動2週間
病院から調剤併設のドラッグストアへ転職。若手のポテンシャルを強みに年収アップに成功。

 

男性 30代 転職活動1ヶ月
多忙を極めて、環境変化を希望して転職。選択肢を広げ、480万円から600万円の年収アップに成功。

 

男性 30代 転職活動1ヶ月
病院薬剤師としてチーム医療を実現したいと転職を決意。企業から病院へのキャリアチェンジに成功。

 

男性 30代 転職活動20日
スキルアップを目指し、希望の分野に強い調剤薬局へ。通勤時間も90分から40分と大幅に短縮。

 

マイナビ薬剤師の非公開求人紹介を利用するべき理由

マイナビ薬剤師はけっこうよかったです(#^.^#)
研修制度がしっかりとある調剤薬局を選び、転職の不安が無かったです。業界トップクラスの調剤薬局への転職が適い、年収もアップする事ができました。思い切ってランクアップできる求人を選んで良かったと思っています。自分だけの転職だとここまで思い切った転職は出来なかったと思います。また、コレだけ条件の良い求人も中々自分では見つけられませんでした。

 

マイナビ薬剤師を活用して、年収はこのままで通勤に便利な場所へと転職しました。子供が居るため、自宅から近いほうが家事や育児にも支障が無いためです。近くの調剤薬局は気になっていたものの、どのような職場なのかは個人では中々わかりにくいと思いました。情報も収集できるため、転職活動には不安が無かったです。求人票だけでは読み取れない事も伝えてくれるのが良かった。

 

ちょっと低評価

 

転職のマイナビ薬剤師の拠点は、東京・名古屋・大阪・福岡と4拠点なので、地方在住の方は面談時に都市部まで出てこなければなりません。マイナビ薬剤師は全国に12拠点、ファルマスタッフは全国に15拠点あるので、比べると見劣りしてしまいます。(また、ファルマスタッフは希望すれば最寄駅まで来てくれるので更に評価が高いです)

 

転職のマイナビはまだ歴史が浅く、成長途中のサービスなこともあり得意な求人分野がありません。
調剤薬局の求人ならファルマスタッフが断トツですし、企業・ドラッグストアであれば薬剤師に強みがあります。その為、リクナビ薬剤師のみで十分な求人をカバーすることは現段階では厳しいです。

 

転職のマイナビ薬剤師のコンサルタントだった方の応対が、ビジネスライクでドライな印象を強く受けました。悪く言えば、事務的で流れ作業的な感じだったので、正直あまり求人を紹介されても気が乗りませんでした。私を担当して頂いたコンサルタントの方がたまたまそのような態度だったのかは分かりませんが、転職のマイナビ薬剤師ではコンサルタント1人が受け持つ求職者の数が他社よりも多いと聞いていたので、それが原因だったような
気もしています。

 

面談も行っているので直接キャリアアドバイザーと会って相談することも可能です。希望の転職先が見つかると、“勤務先にはどんな人が働いているのか”、“どのようにスキルアップが出来るのか“などあなたが気になることを事前に調べてくれます。その為、入社後のイメージが付きやすく、想定外のことが起こることを最小限に防いでもらえます。面接の日程調整や転職先との細かなやり取りはすべて、キャリアアドバイザーが行ってくれるので、働きながら転職活動している忙しい方でも、余計な手間がかからず安心して転職活動が出来ます。

 

 

マイナビ薬剤師とリクナビ薬剤師の違いとは??

 

 

 

ゆったり勤務へ

 

前職場で疲れていて自分で新しい職場を探す気力がなかった時にマイナビ薬剤師を知りすぐ登録しました。その後すぐ連絡があり私の条件に合う職場を探して頂き、面接日程など調整して頂きました。担当してくださった重松さん、面接に同行してくださった酒井さん本当に助かりました。現在、無理なく自分のペースで働いているのはお二人のおかげです。本当にありがとうございました。

 

以前は病院内の調剤施設が有りましたが最近は院外処方に切り替える病院も増え門前薬局などの数が増えたと言われています。その為薬剤師さんの需要も多く求人も多い仕事です。

 

調剤薬局の場合、立地などで取り扱う処方箋の種類が違い薬のストックなども違います。
転職などで気を付けなければいけないのが調剤薬局の経験が有る方でも扱う処方箋が違うと慣れるまでに苦労します。

 

調剤薬局から調剤薬局への転職も扱う処方箋、薬などの種類が解る求人を扱う薬剤師求人サイトも有ります。自分の経験などが活かせる転職先探しをしている薬剤師さんには助かりますよ!

 

販されているお薬で同じようなものがあって価格がかなり違う場合、どうしてこんなに価格が違うのかとか、成分に何か違いがあるのかとか、より早く効いてくれるのはどっちなのか、とかそういった質問はとても多いです。

 

もちろん全ての質問にきちんと答えがあるわけではないのですが、リクナビ薬剤師の薬を選ぶ参考になるように説明を受けることができます。

 

調剤薬局も兼ねている場合は、病院で処方されたお薬についての説明をしっかり聞けますし、分からないことがあれば電話で聞くこともできます。
調剤薬局を兼ねているドラッグストアの場合は、別に調剤受付のカウンターが用意されていることが多いので、薬剤師さんはそこにいることがほとんどで、店頭のレジにはあまりいません。

 

実際のところも聞けた!

 

今回の転職先の会社について、最初は福利厚生や残業などあまりよいイメージがなく、リクナビ薬剤師の転職先としての希望には考えていませんでした。でも、そのイメージは、知人から聞いたイメージや自分の思い込みもあり、実際とは少し違っていました。コンサルタントの方の確かな情報と会社見学など適切な対応により、自分のイメージとは違い働きやすそうな環境であることがわかり、転職を決めることができました。ありがとうございました。

 

薬剤師として年収や給料アップをする方法として今の職場で給料交渉をする方法と仕事、職場を変える方法がありますね!俗にいう転職です。
普通、転職や仕事を変われば給料も下がることが多いと思いますが、薬剤師の場合、転職する職場や条件にもよりますが、年収アップが出来るケースも少なくありません。
また、将来的に高年収が期待できる職場への転職も年収アップにつながると思います。

 

今働いているリクナビ薬剤師の仕事の年収、給料にもよりますが、今の給料に不満が有るのなら、一度、高給料、高年収の薬剤師求人紹介に実績がある薬剤師求人サイトで、どのような求人が有るのか見てみてはいかがでしょうか?

 

リアルな体験をする約20日間の実習があり、リクナビ薬剤師の実際の正社員になる前に職場の雰囲気、ああなたとの相性を知ることが出来ます。仕事は結婚と一緒ですから、事前にお互いを知り、理解し合ってから、応募する企業を決めることが出来ます。経験、技術、知識よりの、あなたの「働きたい」という気持ち重視する、意欲的で理解のある受入企業が参加しています。実習期間に応じて最大10万円の「キャリア習得奨励金」が支給されます。これで実習期間、アルバイトできない悩みを解決